小間物通信

買いたいモノ欲しいMONO
<< コンバース オールスター HI/JO ジョジョの奇妙な冒険コラボモデル登場→予約急げ! | main | ITA カサノバ・ビーチ MOP 夏のリゾートにぴったりのイタリアン腕時計 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
LTEスマホの月額通話料が高すぎると思った時の3つの方法
どんどん進化して便利になるLTE対応のスマートフォンですが、
携帯電話からスマホに乗り換えて驚くのが通話料の高さ。

スマホの通話料金システムは非常に分かりにくいだけに、
そのまま使って嘆きっぱなしになりがちです。

本日の日経新聞にスマホ通話料節約のコツを簡単にまとめた
分かりやすい記事があったので紹介しておきます。
     ↓
月7000円超なら「見直し」利用料節約へ3つの対策(日本経済新聞)

スマホの通話料には基本的に上限がないので
長い話をする人は料金がどんどん高くなっていき、
一時間を超えると1万円に迫ります。

なので、IP電話やLINE・スカイプ、PHSなどを利用して
音声通話のコストを減らそうというものです。

スマホに詳しい人なら普通に利用していると思いますが、
年配のかたや情報に疎い人は知らない場合も多いはず。
詳細は上記記事を参照ください。

また、LTEの通話料(基本料+パケット定額料他)は
ソフトバンク、au、ドコモとも30秒21円〜と同額ですが
スタート時はソフトバンクのホワイトプランが6755円と
他キャリアより数百円安くなっています。

さらにソフトバンクのインターネットの乗り換えサイトを利用すると
番号そのまま乗り換え(MNP)で最大7万円のキャッシュバックが
もらえるキャンペーンも開催されています。
     ↓
ソフトバンク携帯のりかえで最大70,000円キャッシュバック

新しいスマホ端末を欲しくなったときは、
MNPキャンペーンの特典ををしっかり調べるほか、
ランニングコストもお得なキャリアのモデルを選びましょう。

関連記事→ スマホMNP乗り換えで7万円キャッシュバックってホントなの
人気ブログランキングへ

| コイヅミ | モバイル | 23:09 | - | - | -
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

| スポンサードリンク | - | 23:09 | - | - | -

このページの先頭へ